短期日本語レッスンで使える!日本語教師が選んだ「初日に教える便利なフレーズ」+α

文型・文法
スポンサーリンク

大学のサマープログラム(夏期短期留学)の日本語入門クラスで奮闘中のみやざきです。

今回は、ゼロ入門レベルの短期滞在者に教えたい実用的なフレーズをサクっと紹介します。

 

【今回のレッスン概要】

・外国人大学生(夏期短期留学)

・4カ国10名のクラス(エジプト4、中国4、アメリカ1、韓国1)

・日本語ゼロ入門(日本語を勉強したことがない人たち)

・滞在期間は3週間

・媒介語は英語

 

さっそく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

簡単なやりとり

「簡単な受け答え」を最初にやるメリットはいくつかあります。

  • 初対面の人にも咄嗟に使える言葉
  • なんとなく感じがよい人になれる
  • ペアで会話練習がしやすい

 

クラスの雰囲気もよくなります!

 

どうぞ/ありがとうございます

「どうぞ」には、After you(お先にどうぞ)の意味とHere you are.(これ、どうぞ)の使い方があります。

またレッスン中に「〇〇さん、どうぞ(あなたの番ですよ)」という意味でも使えます

 

だいじょうぶですか?/だいじょうぶです

体調などを気遣う時のAre you OK ? や Are you Alright ? の意味のほか、レッスン中の「わかりましたか?」といった確認の意味でも使うことができます。

「最近の若者は『大丈夫』を乱用しすぎ」という声も聞かれますが、今回の学習者はまさにその「若者たち」なので、世代に合わせた実用的な表現を採用しました。

 

暑い(寒い)ですね/そうですね

都会で見知らぬ人に「暑いですね~」という機会はあまりありませんが、地方では意外とあります。

天気や気候の話から会話を始めるのは自然な流れなので、覚えておいて損はないでしょう。また、滞在先の方言の「暑い、寒い」を教えれば、地元の人に喜ばれるかもしれません

  

お詫びする

すみません の3つの使い方

  • 人とぶつかってしまった時など(Sorry)
  • 人に声をかけたい時など(Excuse me)
  • 落とし物を拾ってもらった時など (Thanks)

口頭説明+オーバー気味な身振り手振りor絵カードなどで説明すると分かりやすいです。

色んなシチュエーションで使えることを伝えると、学習者は積極的に使おうとします。

 

ちょっと待ってください

スマホで調べたり、カバンをゴソゴソしたり、誰かに確認したり…。相手に少し待ってほしいシチュエーションで自然に使える表現です。

また、「ちょっと/待って/ください」に分解して、それぞれの意味や文法を簡単に教えると、後々のレッスンがやりやすくなります。

 

すみません、ちょっとわかりません

何かを聞かれて分からなかった時(駅の場所など)にはもちろん、レッスン中に説明がわからない時などに使うことができます。

個人的には「もう一度お願いします」や「何と言いましたか?」よりも、相手が対応を工夫してくれる(言い換えなどをする可能性が高い)と思い、採用しました。

余裕があれば「日本語は明確に要求や意志を伝えないほうがよいケースが多い」ということを話してもいいかもしれません。

 

滞在先でお世話になる方に対して

よろしくお願いします/ありがとうございました

滞在先でお世話になる方に対しての挨拶です。レッスンの始めと終わりの挨拶にも使えます。

何かを一緒に行う時や仕事を依頼する時などにも使えるので、セットで教えると効果的です。

 

自己紹介について

「はじめまして」の扱いはケースバイケースで

テキストにありがちな自己紹介の「はじめまして」。

しかし、私たちが実際の生活で「はじめまして」を使うのは稀です。

学習者の中には「はじめまして」を知っている人もいますが

私は「はじめまして」を紹介しない理由を以下のように学習者に伝えました。

  • 「はじめまして」=Nice to meet you の訳には違和感がある。
  • 「はじめまして」を言わなくても失礼ではない。
  • 対面で「はじめまして」を使う習慣があまりない。

自己紹介は「こんにちは(おはようございます)」などの挨拶をして

私は〇〇です+(大学・勤務先等の所属)+よろしくお願いします 

の簡単な流れで言う練習をしました。

たしかに、「はじめまして」ってあまり使わないかも…。

 

まとめ

今回は短期滞在のゼロ入門の学習者に対して、実用性を重視した表現を選んでみました。

学習者にとっての「実用性」は滞在目的や学習者の立場によっても違うので、ケースバイケースで調整する必要があります。それを考えるのが日本語教師の醍醐味とも言えます。

また次回の記事でお会いしましょう!

みやざき

日本語教師6年目。通信制大学を経て2008年に日本語教育能力検定試験合格。国内の日本語学校で専任講師、非常勤講師を経験。OPIテスター。

みやざきをフォローする
文型・文法 日本語教師
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みやざきをフォローする
日本語教師+αのススメ
タイトルとURLをコピーしました