日本語教師がACTFL-OPIテスターになるまで【日本語の口頭運用能力を評価する方法】

未分類
スポンサーリンク

こんにちは。 ACTFL-OPIテスター資格保有者のみやざきです。

日本語教育について勉強していくと、 ACTFL-OPI という言葉に出会います。しかし、あまり掘り下げて説明されないまま終わってしまうことが多いです。

ちなみに、平成30年度日本語教育能力検定試験の【試験3】の【問題8】は、5問とも全てACTFL-OPIに関する問題でした。 このことから、OPIの注目度が以前より上がっていると言えます

 

今回は ACTFL-OPI についてお話しします!

  

スポンサーリンク

ACTFL-OPI とは?

ACTFL(アクトフル)ってなんですか?OPI(オーピーアイ)って…?

 

日本語OPI研究会のホームページを引用します↓

Q:「ACTFL-OPI(アクトフル オーピーアイ)」って何ですか?

A:「ACTFL(アクトフル)」というのは、The American Council on the Teaching of Foreign Languages(全米外国語教育協会)の略称で、外国語教育に携わっている人々約1万人が会員になっている学会です。OPIは、ACTFLによって開発された汎言語的に使える会話能力テストです。「OPI」とは、”oral proficiency interview(オーラル・プロフィシェンシー・インタビュー)”の頭文字です。ですから、簡単に言うと、「ACTFL-OPI」というのは、アクトフルが開発した外国語の口頭運用能力を測定するためのインタビューテストのことです

http://www.opi.jp/nyumon/nani.html  日本語OPI研究会より

※ACTFL-OPI は日本語だけでなく、英語をはじめ、ポルトガル語、フランス語、韓国語、アラビア語など様々な言語の口頭運用能力の測定に対応しています。

 

なるほど…。でもどうやって日本語の会話能力を判定するんですか?

 

約30分のインタビューで超級、上級、中級、初級に分ける

テスターは原則、30分以内のインタビューを行い、被験者(レベル判定のためのインタビューを受ける人)の口頭運用能力を判定します

判定レベルは超級、上級、中級、初級の4つで、超級以外のレベルは(下記参照)。これらのレベルは、語彙、流暢さ、内容、場面、段落形成など、さまざまな評価基準をもとに判定されます

 

(レベル高)

超級
上級の上
上級の中
上級の下
中級の上
中級の中
中級の下
初級の上
初級の中
初級の下


(レベル低)

※実は超級の上には「卓越級」というレベルが存在しますが、現行のOPI判定では用いません。

 

各レベル(卓越級、 超級、上級、中級、初級 )の音声サンプルが下記ホームページで聞けますので、興味のある方はぜひ聞いてみてください。

ACTFLのホームページ(スピーキングについて)
https://www.actfl.org/publications/guidelines-and-manuals/actfl-proficiency-guidelines-2012/japanese/%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0

  

テスターになるにはお金と時間がかかる

ACTFL-OPI 試験官(テスター)になるには、試験官養成講座を受講しなければなりません。この講座は毎年、全国の主要都市で年に2回ほど開催されています。

 

  • 講座の費用は 194,000円+税 (20万円以上)
  • 遠方から参加の場合は、宿泊・交通費等も別途かかる
  • 連続4日間( 9:30〜18:30 )の講座を修了
  • 4年に1度、資格更新がある(別途有料)

 

講座の詳細についてはこちら↓(今年度分は既に募集終了しています)

第108-109回 ACTFL-OPI 試験官養成ワークショップ|日本語・日本語教師|アルク
日本語教師の方を対象とした、ACTFL-OPI試験官養成の4日間のワークショップです。

 

また、講座を受講するだけでは、テスター資格は付与されません。講座修了後にやらなければならないことは、以下の通りです。

 

  • 自力で被験者(日本語非母語話者)を各レベル4人程度、計16~20人程度探す
  • 被験者にインタビューの趣旨を理解してもらい、場所や時間を確保する
  • 練習ステージ(期限あり)でインタビュー音声を各レベル2本ずつ、計8本を評価・提出
  • 練習ステージのフィードバック、本番ステージへのアドバイスを受ける
  • 本番ステージ(期限あり)でインタビュー音声を各レベル2本ずつ、計8本を評価 ・提出

 ↓↓↓

レベル判定が評価基準に沿っていると認められれば、テスターに認定

上の二つが想像以上に大変です(コミュニケーション能力が試されます)。

  

ちなみに私の場合、上級以上の被験者にインタビューするにあたって、大学・大学院で留学生の講義を担当している教授を訪ね、OPIの趣旨をお話しした上で被験者を紹介していただきました

また、インタビューの場所については静かな場所を確保する必要があるため、勤務校に相談し、勤務校の空き教室でインタビューをさせていただきました

  

自分一人の力では、テスター資格の取得は不可能だったと思います…

 

OPIテスターになった理由

恩師がOPIテスターだった

日本語教育について学んでいた時に、お世話になった恩師がいます。その恩師がOPIテスターであることを知り、OPIに興味を持ちました。

その恩師は地域の外国人児童等への日本語教育のNPOも運営していました。日本語教育への情熱に溢れた恩師に私は憧れを抱いており、「私もいつかOPIテスターになりたい!」と思うのには時間はかかりませんでした

OPIテスターになれば、恩師に近づける気がしていた若かりし頃の私、純粋です(笑) 

 

学生をペーパーテストだけで判断したくなかった

学校の小テストや期末テストだけで、学生を判断する教師っていませんか?それって、とても危険なことだと思います。でも「日本語能力ってテストだけじゃないのに…」と思っていても、その根拠を示す後ろ盾や相応の経験がないと何も言えませんよね

当たり前ですが、ペーパーテストだけでは学生の能力は測れません。もちろん、OPI(口頭運用能力)だけでも測れません。私は複合的な評価を身につけたかったのです。

OPIテスターになったことで、学生の見方が変わりました。他の先生方が「あの学生はテストの成績がいつも悪くて…」と愚痴をこぼしていても、「でもあの学生は会話においては〇〇レベル相当まで話せますよ」とフォローすることもできます。逆もしかりで、N1やN2に合格していても、口頭能力が知識相応ではない学生についても言及できます。

 

シフトが減って、暇だった

ある年、週4~5でシフト希望を出したのに、週2しか授業に入れませんでした。これは日本語学校ではよくあることです。

他の仕事をやっていなかったこともあり、正直とても暇でした。その時、暇な時間を他の人が出来ないスキルアップに使えるのではないか?と思い、OPIテスター資格取得に踏み切りました(余談ですが、この暇な年にオンライン人狼ゲームにもハマりました)。

逆に言うと、気合いを入れて時間を確保しないと、テスター資格の取得はかなり厳しいです実際、同じ講座を受けた専任の教務主任の先生は、インタビュー音声の確保に思うように時間がとれず、脱落してしまったと聞いています。これは珍しいことではないようです。

 

OPIは仕事に活かせる?

正直に言って、OPIのテスター資格は収入には直結しません。そもそも、この30分インタビューでお金をもらうことは禁止されています(誓約書にそのように書いてあります)。

ただし、OPIテスターになったことで自分に自信がつき、授業内容もより実用性のあるものや、会話力重視のものを考えられるようになりました

また、OPI関連の学会や勉強会に出席することで、有資格者との交流が広がり、OPIの評価をもとに作られた「できる日本語」の著者の嶋田和子先生とも直接お話をすることもできました

教師力アップという意味では、この資格をとってよかったと思います。

 

おわりに

今回はACTFL-OPIについて、テスター資格取得までの流れやテスター資格取得の動機を紹介しました。試験官養成講座は年々人気が高まり、すぐに枠が埋まってしまう状況です。

日本語教育推進法が公布・施行され、今後さまざまな分野で日本語教育が求められることが予想される中、 ACTFL-OPI が生かされる場面はさらに増えていくと考えられます。時間やお金に余裕があれば、テスター資格取得にチャレンジしてみてもいいかもしれません。

 

また次回の記事でお会いしましょう!

みやざき

日本語教師6年目。通信制大学を経て2008年に日本語教育能力検定試験合格。国内の日本語学校で専任講師、非常勤講師ともに経験あり。OPIテスター。

ツイッターではWebライターや人狼、ボードゲームについてもつぶやきます。

みやざきをフォローする
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みやざきをフォローする
日本語教師+αのススメ
タイトルとURLをコピーしました