N1~N3で導入する文型「~として」の用法を+αのカテゴリで分類してみた

文型・文法
スポンサーリンク

こんにちは。日本語教師のみやざきです!

「~として」はN1~N3で導入される文型ですが、いろんな用法がありますよね。

日本語学習者には「英語の“as”と同じ使い方です」と説明することもあるかもしれませんが、

 

  • 学習者が“as”の用法を知らない
  • “as”といっても、意味合いがさまざま
  • “as”では片づけられない用法がある

 

などの場合が考えられます。

その結果、学習者は例文で紹介されているような「留学生として日本に来ました」といった使い方しかできないまま終わります……。

そこで、「~として」を細かく分類すれば、学習者に「どのような場合に使えるのか」という具体例を示すことができるのではないかと考えました。

 

この記事執筆のきっかけになった

akky先生(@bluebamboo15 )のツイート↓

 

人によって様々な分類の仕方があると思いますが

私なりに「~として」を分類してみました!

 

スポンサーリンク

英語の”as”と同じ用法

英語の”as”とほぼ同じ使い方と思われる例文を既存の分類法+αでまとめました。

人の立場を表す

  • 来年は先輩として、ぜひ頑張ってほしい
  • 親戚の子どもを養子として迎えた
  • 友人に彼女を恋人として紹介した

代表的な「人の立場」として という使い方です。

留学生として/親として/責任者として/など比較的例文が作りやすい用法です。

 

物事の一般的な評価を表す

  • 好きなアニメが日本を代表する作品として紹介された
  • この町は湖が美しい町として知られる
  • その女性は初めて洋服を着た人として有名になった

「評価」としての用法です。第三者が一般的な価値などを認めた時に使えます。

プラスの評価だけでなく、「彼は校内では女たらしとして有名だ」や

「その場所は不毛の地として知られる」などの、マイナスの評価にも用いられます。

 

判断・意見を述べる、批判する

  • としては今回の件を表沙汰にしたくない
  • 身勝手な振る舞いは一国のリーダーとして不適切だ
  • 自分は教師としてまだまだだ

「人」としての用法です。

一見、「立場」と同じ使い方ですが、「として」だけでなく

「としては」に置き換えることができます

※ただし、「私としては」を英語で表現する場合、「as」を使うと不自然になるのでは……という疑問が残ります。

  

物事の経過を表す

  • ここまでを下書きとして保存する
  • その話をきっかけとして調査を進めた
  • 今日はここまでとして、残りは明日やりましょう

「ある時点」としての用法です。

新たな物事を始める場合のスタート地点・中間地点などを表現する用法です。

ここで、「下書き」って名目じゃないの?というツッコミがあるかもしれません。

「名目」は、次項でまとめました

 

名目(何のため/どんな目的)

  • 商品開発の予算として5千万円が計上された
  • 今回の議論のテーマとして環境問題を扱った
  • 授業の教材として、新刊のテキストを購入した

名目(何のために、どういった目的で)という場合に用いられます。

「予算=5千円」「テーマ=環境問題」「教材=新刊のテキスト」であることが分かります。

※先ほどの「下書き」は「下書き≠保存」なので「名目」のカテゴリには入れませんでした。

 

同等の価値があるものを受け渡す

  • 優勝賞品としてトロフィーが贈られた
  • 慰謝料として200万円が支払われた
  • バレンタインデーのお返しとしてクッキーを渡した

この用法は出来事の対価として物や金銭などを授受する時に使います。

これも「優勝賞品=トロフィー」「慰謝料=200万円」「お返し=クッキー」なので、「名目」のカテゴリと同じとも言えます。

 

本来の用途以外の活用

  • 風呂敷はとしても使える
  • 古民家をカフェとして運営している
  • マスカラを生え際の白髪隠しとして使った

「想定されていなかった使い方」+として という用法です。

何かの代わりに別の物を使用するときなどに用いられます。

 

報道における表現

  • 容疑者は三人を殺害したとして身柄を拘束された
  • 銀行員が10億円を横領したとして逮捕された

「犯行」として の形でニュースなどで用いられます。

(容疑者が)〇〇したから(警察に)~された、といった意味合いで使われます。

 

英語の”as”と異なる用法

いわゆる”as”とはニュアンスが異なる使い方についてまとめました。

ひとまず保留にする

  • それはそれとして、まずはこの問題を片づけよう
  • 会話はよしとして、読解が難しすぎる

「そのことは認めるけど、いまは話さなくていいよ」といった意味合いの使い方です。

前件については掘り下げず、後件をメインに話したい場合に用いられます。

 

例外がない(打消し表現)

  • 誰一人としてその場所にはいなかった
  • その掃除機は塵(ちり)一つとして見逃さない
  • 彼は一日として仕事を休んだことはない

「全く~ない」といった意味合いを強調する場合に用いられます。

助数詞として「一(いち)」が用いられることが多いですが、「彼にような人は二人としていない」のように唯一無二であるといった意味合いでも用いられます。

 

態度や様子を表す

  • 彼女は嬉々として話し始めた
  • 父はとして譲らない

「態度を表す言葉」として の用法です。

「嬉々として=嬉しい様子で」「頑として=頑固な態度で」といった意味合いで使います。

  

「~として」の分類まとめ

今回は「~として」のさまざまな用法を例文とともに分類しました。それぞれの用法がN1~N3のどれに当たるかは、テキストによって異なるため明示しませんでした。

「~として」には他の視点からの分類方法もあると思います。今後もいろんな見方を参考に随時内容を更新していきたいと考えています。

また次回の記事でお会いしましょう!

みやざき

日本語教師6年目。通信制大学を経て2008年に日本語教育能力検定試験合格。国内の日本語学校で専任講師、非常勤講師を経験。OPIテスター。

みやざきをフォローする
文型・文法 日本語教師
スポンサーリンク
スポンサーリンク
みやざきをフォローする
日本語教師+αのススメ
タイトルとURLをコピーしました